スピード違反で赤切符

スピード違反の違反金額

スピード違反した時に、気になるのは反則金(罰金)です。
スピード違反を行った場所が一般道か?高速道路?でも変わってきます。
下の表をご覧下さい。

 

 

 

一般道の場合

超過速度

点数

罰金額

15km以上 20km未満

1点

12,000円

20km以上 25km未満

2点

15,000円

25km以上 30km未満

3点

18,000円

30km以上 50km未満

6点

簡易裁判で罰金決定

50km以上〜 

12点

簡易裁判で罰金決定

 

 

 

 

高速道路の場合

超過速度

点数

罰金額

15km以上 20km未満

1

12,000円

20km以上 25km未満

2

15,000円

25km以上 30km未満

3

18,000円

30km以上 35km未満

3

25,000円

35km以上 40km未満

3

35,000円

40km以上 50km未満

6

簡易裁判で罰金決定

50km以上〜 

12

簡易裁判で罰金決定

 

 

 

サイトのトップに書きましたが、

 

一般道で30q以下のスピード違反が青切符
高速道路では40q以下のスピード違反が青切符。

 

一般道で30q以上のスピード違反が赤切符
高速道路では40q以上のスピード違反が赤切符。

 

となります。
青切符、赤切符と一概に言っていますが、捕まったスピード超過分で反則金額(罰金)も変わってきます。
また、大型車か?乗用車か?バイクか?原付か?など車の種類によっても反則額は変わってきます。
上の表は普通自家用車の反則金額となります。

 

反則金をさっくり言うと、反則金を払うからスピード違反に対しての刑事責任は免除してね。
ということです。

 

この反則金を支払わないと簡易裁判所へ行くことになります。
異議がない場合は期日内に必ず反則金を払いましょう。

 

青切符の場合は、交通反則告知書(青切符)と納付書を期日内(違反当日から8日以内)に金融機関へ反則金を支払えば手続き完了となります。
これで晴れて刑事責任は免除となります。

 

 

一方、自分がもらった赤切符は簡易裁判所に出向き反則金が決定されて、その金額を支払い完了となります。
体験記を見て頂ければ分かりますが、非常に手間ですしお金、時間がかかります。

 

自分は一般道で32qオーバー
そして罰金は6万円

 

あと3q少なかったら反則金35000円で済んだのに。。。
そして免停講習も受けなくて済んだのに。。。
と悔やむのでした。