スピード違反で赤切符

警察交通安全センターへ行く

警察交通安全センター

 

 

10月中旬の平日。

 

有給をとって通知書に書いてあった指定日に警察交通安全センターへ。
ちなみにどうしても指定日に行けない場合は前後3日間内に行けばいいらしい。

 

朝の8時30分から50分の間に受付。
8時30分に近くの駅に着き、通知書に書いてある地図を見ながら歩く。
他にも同じ通知書を見ながら歩く人が結構いた。

 

警察交通安全センターへ着く。
住宅街のど真ん中。
こんなところにあったんだ。

 

入り口を入ると誘導員が一杯いる。
そして出頭者も大勢。

 

案内されながら受付にて免許を提出。
運転免許停止処分書をもらう。
しっかりと、当日から30日間免停って書いてあった。

 

短縮講座を受けるか聞かれたので受けると答える。
そこで13200円を支払い講習の受付をする。
スピード違反の罰金6万円に引き続き痛い出費だ。

 

受付を済ませて講習会場へ。
私が受けた時は53名。
若い方からお年寄りまで幅広い年齢層。
女性は数名しか居なかった。

 

 

 

 

9時10分から講習開始。
最初はオリエンテーション?みたいな講習の流れの説明。
基本は50分講習、休憩10分という流れ。
最後に試験があって、40問中36点以上で免停1日に短縮されるとかの説明をさせる。

 

あと飲食禁止とか、休憩中だろうと携帯は使用禁止だとかの注意事項。
何回も言われたのが時間を守ること。
常識だけど守らない人が多いのだろう。
何回も何回も言われた。

 

オリエンテーションが終わって講習開始。
科目ごとに講師の人が違う。

 

講習は教本に沿って行われる。
試験を合格させたいのか、試験に出る内容を中心に教えてくれる。

 

講師みんなに共通することは、全て試験合格させるための講習だということ。
どういった試験がでて、どういった答えなのか教えてくれるようなもの。

 

午前中の講習が終わり昼休み。
周りに店があるか分からなかったの事前にコンビニでパンを買っていた。
けどここの警察交通安全センターは食堂があった。
別に買わなくてもよかった。。。

 

午後の講習。
ビデオを見せられるが睡魔に襲われて寝てしまった。
そして運転シミュレーター
ゲームセンターにあるカーレースのようなものに乗って運転する。

 

マニュアルとオートマを選べてどっちでもいいらいい。
全員オートマを選んでした。

 

あと注意事項として3Dなので3D酔いする人がいるのこと。
吐く場合もありえるので、これから試験なので無理しないで下さいと念を押される。

 

たしかし操作してみると少し酔った。
4回くらいのパターンを運転し、自分は事故無し。
優秀、優秀。

 

会場に戻っていよいよ試験。
試験内容は講習でやったところがほぼ出た。
何個か悩む問題はあったけど10分程度で終わった。

 

早く終わったので講師に提出。
講師は何人かいて、その場でちゃちゃっと赤ペンで採点していた。
終わった人は廊下で待機。

 

所要時間30分のところ、25分で全員終わり廊下から教室へ移動。
みんな座ったとたん合格発表。
全員合格。
全員免停が30日から1日に短縮。
めでたし、めでたし。

 

自分の隣に座っていた人なんて、ほぼ寝ていたのに合格していたのはちょっと驚きであった。

 

最後に1日免停なので

 

「本日は運転しません」

 

という誓約書を書かされる。
過去に数名捕まったことがあるらしい。
ここでつかまると2年間も免停。。。
1日ぐらい我慢しないと。

 

誓約書を提出して免許を返される。
やっと終了!
長かったー!
全て終わったー!

 

 

スピード違反の赤切符の全てを終えてみて