スピード違反で赤切符

スピード違反のレーダー探知機

オービスなど機械でスピード違反を取り締まる場合があります。
高速道路などにあるカメラがそれです。
詳しい種類などはコチラをご覧下さい。

 

その対策とし有名なのがレーダー探知機です。
レーダー探知機は、スピード違反の取り締まりの機械オービスのレーダー波や、緊急車両の無線などをキャッチして教えてくれるレーダーとなります。

 

もしうっかりスピードを出しすぎても、探知機が警告してくれるのでスピードの出しすぎ防止になります。

 

そんなレーダー探知機。
大きく分けて2種類あるのをご存じですか?
GPS付きレーダー探知機と、GPS無しレーダー探知機です。

 



GPS無しのレーダー探知機とは

スピード違反の取り締まりには、基本的にレーダー波によってスピード違反の車両を見つける仕組みになっています。
その仕組みは、まずレーダー波によって走行中の車両速度を計測します。
計測がスピード違反していた場合には、その前方にある赤外線方式のカメラで当該車両を撮影してスピード違反として捕まります。

 

GPS無しレーダー探知機は、レーダー波を発射しているスピード違反取り締まり機タイプのみに対応しています。
対応しているスピード違反取り締まり機は、

 

レーダー式オービス

パトカー用車載式レーダー

新Hシステム

ステルス型取締り機 

 

となります。

GPS付きのレーダー探知機とは

スピード違反の取り締まり機の種類で「ループコイル式」と「LHシステム」はレーダー波を発しない取り締まり機です。
このタイプのの取り締まり機が特に高速道路や幹線道路などに多く設置されてきています。
レーダー波を発しないこの取り締まり機は従来の「GPS無しレーダー探知機」では感知しないのです。

 

そこで登場したのがGPS付きレーダー探知機です。

 

取り締まり機は非常に多きなシステムで見ればすぐに分かります。
その位置情報をレーダー探知機に記憶させておきます。
GPSで車の走っている位置を測定、近くにあるスピード違反の取り締まり機を教えてくれるというのがGPS付きレーダー探知機となります。

 

GPS付きレーダー探知機にすると全てのスピード違反の取り締まり機に対応できるのです。

 

しかし、スピード違反の取り締まり機は時間が経てば場新しく設置されていたり、撤去されている可能性があります。
位置情報は、GPS付きレーダー探知機の中で保存されているため、古い情報のままの可能性があります。

 

各メーカーから更新ができますので、半年に一度くらいの頻度でデータの更新をするのがいいです。

 



レーダー探知機はGPS無しとGPS付きのどっちがいいのか!?

説明してきましたが結局、GPS無しのレーダー探知機と、GPS付きのレーダー探知機がいいのか?

 

GPS付きのレーダー探知機の方が幅広くスピード違反の取り締まり機に対応しています。

 

ただ、GPS付きのレーダー探知機の方が価格が高いです。
車に乗る頻度や、乗る距離、高速を利用するかなど、自分が車を運転するロケーションを考えながら選ぶといいと思います。