スピード違反で赤切符

スピード違反取り締まりレーダーの種類

車を運転していると、よくレーダーを見かけます。
スピード違反を取り締まる機械式のレーダーです。

 

速度取締り装置には多くの種類があり、それぞれに特徴や計測方法も色々あります。
Nシステム、Hシステムなどその種類を学びましょう

 

 

 

 

オービス

最も一般的なスピード取締まり機です。
高速道路でよく見かけます。
走っている車に対して、スピードを超過した車を後方のカメラで撮影するシステムです。
固定式と移動式の2種類があります。

 

 

新Hシステム

スピード測定やスピード違反の証拠写真の撮影を自動的に行う無人速度取締まり機です。
周波数は通常取締まりのレーダー波ですが、非常に短い周期で発射と停止を繰り返すことで電波を受信されにくいようになっています。

 

 

Nシステム

「自動車ナンバー自動読み取り装置」の略称です。
その名のとおり走行中の自動車のナンバーを道路の上に設置したカメラにで自動的に読み取ります。
自動車を利用した犯罪の捜査や盗難車両の検挙、発見等を効率的に行うことを目的に開発、導入されたものです。

 

 

ループコイル

最近増加傾向にある固定式のスピード取り締まり機です。
道路上3箇所にコイルを埋め込み、その上を通過した車輌の速度を測定し、カメラ撮影します。
レーダー波を発しない取り締まり機となります。

 

 

LHシステム

基本構造はループコイルと同様です。
撮影はデジタルカメラを使っているためフィルム切れません。
画像転送してリアルタイムに検挙するタイプもあります。
ループコイル同様、レーダー波を発しない取り締まり機となります。