スピード違反で捕まり赤切符

北海道にてスピード違反で捕まった

北海道でスピード違反

 

それは北海道の旅行中だった。

 

レンタカーを借りて3泊4日の北海道夏旅行の3日目。
観光も一通り終わり、当日に泊まるホテルへ向かう途中だった。

 

一般道を走っていると、前に大きな観光バスが。
スピードが遅くてイライラする自分。
早く宿に着いてゆっくりしたい気持ちで焦る。

 

10分くらい併走して観光バスは直進。
自分は右折。

 

やっとこれでイライラモードから解放される!

 

右折して片道1車線の直線道路。
両側面は田んぼで人一人も歩いていない。
てか、民家もないので人が歩いていることが稀だろう。

 

北海道で車を走らせているといつも思う。
いい道だ。
車を走らせ、この爽快感を味わえるのは北海道ならではだと思う。

 

 

ノロノロモードからの開放感からか、車をスピードアップ。
ちょっとした登り坂。
登りきろうとした瞬間、右手に目にしたものは。

 

 

 

木に隠れていたパトカーだった。。。

 

 

慌ててブレーキを踏みスピードを落とす。
が、すでに遅し。。。。

 

後ろからパトカーが追いかけてくる。
サイレンを鳴らしながら。

 

ずいぶん後ろにいて、何か言っているっぽかったけど、何を言っているか聞き取れない。
それだけ自分の車とパトカーは離れていた。

 

 

一瞬だけ逃げ切れるかも!?

 

 

と、ふと頭を過る。
しかしそんなことをすることもなく直にスピードを緩めて車を停める

 

初めてスピード違反で捕まった瞬間だった。。。

 

車を止めると警察官が駆け寄ってくる。
スピード違反なのでパトカーに来るようにと。

 

車から降りてパトカーへ。
初めてパトカーに乗った。

 

乗ると警察官から説明。
なんと92キロ出ていたらしい。
そんなにスピードを出していたのか。。。

 

一般道60キロ制限速度の道で32キロオーバー。
赤切符と伝えられる。

 

「あと少し先の道路だと制限速度50キロなんですけどね〜」
なんて警察官から言われる。
そこで捕まらなくて、あなたはラッキーだったでも言いたいのか。

 

警察官に免許証を渡す。

 

住所は?
職業は?
会社の住所は?
電話番号は?

 

なんてことを警察官から聞かれたと思う。
自分は答えられる範囲で答えた。
けど、別に職業なんて答えなくてもいいらしい。

 

「なんでスピードを出したのか?」

 

と聞かれ、その次に間髪いれずに警察官が

 

「宿の急いでいたのかな?」

 

なんて言うので、ついつい

 

「はい」

 

なんて答えてしまった。
誘導質問みたいだ。
なんて思いながら事情聴取を受けた。

 

一通りの事情聴取が終わる。
免許証は返してくれるらしい。
そして後日に裁判所から郵便が届くから。
と言われ。。。

 

 

ん?????

 

 

 

裁判所??????

 

 

 

 

そんな大ごとなの!?

 

 

 

赤切符がどれくらいの規模の違反なのか全く知らない。

 

 

免停?
罰金は?

 

 

とりあえず、免許証は返されたのでこの後も運転はできるらしい。
それだけは良かった。
でないと北海道の田舎からどうやって宿まで、またや新千歳空港まで行くのか路頭に迷うところだった。

 

調書などもろもろ終わりパトカーからトボトボと車に戻る。
パトカーが走り去ったのを確認して自分も車を走らせる。
スピードメーターをガン見しながら運転して宿へ向かったのだった。

 

 

スピード違反してから通知が来たへ